天皇夫妻は、6月10日午前は第80回日本芸術院賞授賞式に出席、

午後はルクセンブルグのギョーム皇太子と天皇陛下は皇居御所で会見した。
後から雅子さんと愛子さんも加わったそうだ。

 


2024/6/10 
午後

 

陛下 ルクセンブルクのギヨーム皇太子=実務訪問賓客=とご会見(御所)

 

 

天皇陛下、ルクセンブルク皇太子とご会見 皇后さまと愛子さまも加わりご歓談も

産経新聞 2024/6/10 18:49

https://www.sankei.com/article/20240610-F2U6ELCXPFOHXB36QA7JCKOR2Y/




天皇ルクセンブルグ皇太子と
 

ルクセンブルクのギヨーム皇太子との会見に臨まれる天皇陛下=10日午後、皇居・御所(宮内庁提供)

 

天皇陛下は10日、実務訪問賓客として来日したルクセンブルクのギヨーム皇太子と皇居・御所で会見された。

宮内庁によると、ご会見は20分程度、英語で行われた。その後、別の部屋へ移って皇后さまと長女の敬宮(としのみや)愛子さまも加わり、和やかに懇談されたという。

陛下は平成24年、ギヨーム皇太子の結婚式に参列するためルクセンブルクをご訪問。26年に皇太子が来日した際にも面会しており、「再会できて大変うれしいです」と伝えられたという。また、今年1月の能登半島地震の発生後、同国から日本に寄せられた支援に対し、感謝の言葉を述べられた。

 

 

夕食は秋篠宮邸で秋篠宮ご一家とご一緒にとったという。
悠仁さまも同席されたと報じられている。


天皇陛下、ルクセンブルク皇太子と懇談 
10年ぶり (0:54)

日テレニュース 2024/6/10

https://www.youtube.com/watch?v=_e94CElKKEg

 



 
天皇陛下は10日、来日したルクセンブルクのギヨーム皇太子と10年ぶりに懇談されました。
 天皇陛下は、10日午後3時頃、ルクセンブルク大公国のギヨーム皇太子をお住まいの御所に招き、懇談されました。
 陛下は2012年、ルクセンブルクで皇太子の結婚式に出席し、2年後皇太子が来日した際も会っていて、10年ぶりの再会を喜び、「久しぶりですね」と親しげに挨拶を交わされていたということです。
 ルクセンブルクの大公室は、現在ベビーラッシュで、陛下は去年3月、皇太子夫妻にも2人目の王子が誕生したことに触れ、「家も賑やかになったでしょうね」と子育ての話をされていたということです。
 およそ20分の懇談後は別室に移り、皇后さまと長女の愛子さまも加わって、4人だけで30分以上、話されていたということです。
 皇太子からは2027年が外交関係樹立100周年にあたることから、ルクセンブルクへの招待があり、陛下は「ありがとうございます」と述べられていたということです。
 また、ギヨーム皇太子は10日午後7時ごろ、秋篠宮ご夫妻や二女の佳子さま、長男の悠仁さまと夕食を共にするため、赤坂御用地の秋篠宮邸を訪問しました。

 

NNNルクセンブルグ




天皇陛下、ルクセンブルク皇太子と会見 夕食会には悠仁さまも出席

力丸祥子

朝日新聞 2024年6月10日 19時23分

https://www.asahi.com/articles/ASS6B3FC2S6BUTIL00QM.html


朝日ルクセンブルグ

天皇陛下はルクセンブルクのギヨーム皇太子と会見した=2024年6月10日午後3時1分、皇居・御所、宮内庁提供

天皇陛下は10日、皇居・御所でルクセンブルクのギヨーム皇太子と会見した。宮内庁によると、天皇陛下は2012年、皇太子の結婚式に出席するなど親しい間柄。14年には来日した皇太子と面会しており、今回は10年ぶりの再会。天皇陛下は「大変うれしいです」などと話したという。懇談の場には、皇后雅子 さまや長女愛子さまも合流し、通訳なしで和やかに過ごしたという。


 
その後、ギヨーム皇太子は赤坂御用地で秋篠宮ご夫妻との夕食会に出席した。次女の佳子さま、長男の悠仁さまも同席したという。
(力丸祥子)
 


朝日ルクセンブルグ2

Guillaume_av_Luxemburg

ギヨーム・ジャン・ジョゼフ・マリー・ド・ナッソーGuillaume Jean Joseph Marie de Nassau19811111 - )は、ルクセンブルク大公アンリの長子。2000年よりルクセンブルク大公の継承順位1位で法定推定相続人の地位にあり、大公世子の称号を有する。


ルクセンブルクの
アンリ大公と、そのキューバ生まれの妻マリア・テレサ大公妃の長男として、ルクセンブルクのベッツドルフ(Betzdorf)で生まれた。弟妹にはフェリックス大公子、ルイ大公子、アレクサンドラ大公女、セバスティアン大公子の4人がいる。

ピアノ演奏のほか、サッカー、水泳、バレーボールなどのスポーツを趣味としている。母国語 ルクセンブルク語の他、フランス語ドイツ語スペイン語英語も使いこなし、両親とともに積極的に外交活動に参加している。

2012426日、ベルギー貴族のステファニー・ド・ラノワ伯爵令嬢との婚約が発表され、同年1020日に結婚式が挙行された。

2020510日、ギヨーム大公世子とステファニー大公世子妃の第1子の長男が誕生、「シャルル・ジャン・フィリップ・ジョゼフ・マリー・ギヨーム」と命名された。2023327日には第2子次男が生まれ「フランソワ・アンリ・ルイ・マリー・ギヨーム」と名付けられた。

(Wiki)

SteCC81phanie20Marie20Claudine20Christine20de20Lannoy_Photonews

ギョーム皇太子子供

national-day-luxembourg2017


母上のマリア・テレサ大公妃は確か美智子さんがお嫌いだったような。
2017年来日を健康の理由で断ってきたことがどうも引っかかっている。
マリア・テレサ妃は欧州王室にしては珍しいキューバ出身という。

 10_42736

アントニオ・メストレの娘として、キューバの首都ハバナで生まれた。195910月のキューバ革命のため、一家はアメリカへ亡命。ニューヨークに移住し、1961年からニューヨークのフランス人学校で学んだ。スイスのジュネーヴ大学政治学を学んでいた頃、大公世子だったアンリと出会った。

1981214日、アンリと結婚。41女に恵まれた。

スペイン語フランス語英語ドイツ語ルクセンブルク語イタリア語が話せる。現在、ユネスコ親善大使を務めている。

息子にはヨーロッパの王家か貴族の子女との結婚を切望していた姑のジョゼフィーヌ=シャルロット・ド・ベルジック(前大公妃でアンリの母、ベルギー王女)に家柄を理由に結婚を半ば反対され、結婚後も嫁姑の間柄は不和で2003年にマリア・テレサが「姑である前大公妃は貴族出身でない私を目の敵にしている。」と結婚時代の自分に対する冷遇ぶりを度々マスコミに語っている。これに対して、ジョゼフィーヌ=シャルロットは一切の反論も釈明も行っていない。

201711月にアンリ大公と共に日本国を訪問する予定であったが、直前に健康上の理由により取りやめたものの、日本国政府より宝冠大綬章が授与された。

Wiki

 

o0437059514899525849


o1080071914674056111



昨夜は秋篠宮邸ご訪問の写真がないとがっかりしていたら、今朝FNNが報じています:
写真もたくさん!
動画が現在まだ貼れないので出て来たら差し替えます。

悠仁さまが外国王室を招いた夕食会に同席 秋篠宮ご一家でルクセンブルク皇太子を招かれる (1:08)
FNN 2024/6/10() 22:43

https://www.youtube.com/watch?v=CBNwkQONQEw






悠仁さまが外国王室を招いた夕食会に同席 秋篠宮ご一家でルクセンブルク皇太子を招かれる
FNN 2024/6/10() 22:43

https://www.fnn.jp/articles/-/712200

 

20240610-00812200-fnn-000-5-view

秋篠宮ご一家は、来日しているルクセンブルクの皇太子を招き、夕食を共にされました。 10日午後7時頃、秋篠宮ご一家はお住まいでルクセンブルクのギヨーム皇太子を出迎えられました。

 

 【画像】悠仁さまがルクセンブルク皇太子と握手 通訳交えず1時間半懇談


 高校3年生の悠仁さまも佳子さまと共に握手を交わし、夕食会では通訳を交えず、1時間半にわたり懇談されたということです。

 これに先立ち、天皇陛下はお住まいの御所でギヨーム皇太子と面会されました。

 陛下は去年2人目の王子が誕生したギヨーム皇太子に「お家もにぎやかになったでしょうね」などと祝福し、その後、皇后さまや長女の愛子さまも交え、私的に歓談されたということです。


ギャラリー写真

https://www.fnn.jp/articles/gallery/712200


img_1129a402c19230bcf8fc33f77fdb6814563580

img_6031fb953b8c51dbf533a3bdc6099c86572200

img_18681158fce8ab07e3e6aad694f1545e532826

img_ab36a6f4bc41bd2b0eb713345886b10c508836

GPuFB5sbMAAyij4

フランス語のページを翻訳しますか?

ターゲットの言語: 日本語

翻訳をクリックすると日本語が表示されます。

ルクセンブルク君主制のウェブサイトへようこそ

https://monarchie.lu/fr

駐日経済使節団―A.A.I.I.皇太子殿下・秋篠皇太子妃との夕食会

https://monarchie.lu/fr/actualites/mission-economique-au-japon-diner-avec-llaaii-le-prince-heritier-et-la-princesse